当院の施術はいかに痛みやその原因を取り除くかを常に考えて、知識と経験が豊富な施術家がその場で検査し、詳しく原因を説明し改善していきます。

群発頭痛:締め付けるような頭痛

群発頭痛の基礎知識

この名称は、群発地震のように、ある期間に集中して頭痛が起こるところからつけられました。春先や秋口など季節の変わり目にはじまり、一度痛みがあらわれると毎日のように頭痛を起こすようになります。群発頭痛は、飲酒やタバコなどが誘因になるので控えましょう。また、天気の変化、空腹、寝不足、寝過ぎ、まぶしい場所、騒音でも、片頭痛が起こることもある。

痛みは一定期間、たいていは1~2ヵ月くらい続きます。その後、半年から2~3年としばらく時間がたった後、再び同じような頭痛に見舞われるのです。多くの場合、頚椎1・2番(首の骨)と頭蓋骨にズレが確認できます。飲酒やタバコを吸いたくなるくらいのストレスにより頭蓋骨(前頭葉)の圧力が上がり、神経を圧迫し目の奥の痛みを起こすのです。

血流障害による知能低下及び著しい判断能力の低下、精神疾患を伴うことがありますが、頭蓋骨(前頭葉)にある脳側坐核の神経の通りを解放し、オピノイドホルモンを正常に働かせることで良くなることが多い。

頭痛薬は効きやすいが、頭痛が出ると痛みが強く仕事など集中できない。

好発年齢

20代〜40代に起こりやすい。

症状

  • 目の奥がえぐられるような痛み
  • きりで刺されるような痛み
  • 耐えきれないほどの痛み
  • 1〜2ヶ月間に集中して毎日起こる
  • 頭の片側が痛む
  • 上あごから目の奥に拡がる
  • 痛くてじっとしてられない
  • 毎日ほとんど同じ時刻に痛み出す
  • 動くと痛みが紛れる
  • 目の充血や涙、鼻水を伴う

病院での診断

  • MRIなどの画像診断
  • 血液検査
  • 心理検査

病院での治療

  • 薬物療法(ロキソニンなど)
  • 外科的手術
  • 酸素吸入療法
  • 神経ブロック療法

当院での治療

まずは、触診により、どの筋が硬くなっているか細かく探していきます。特に、過労が起きやすい頭蓋骨、首と頭の境目(頚椎1・2番)などを細かく触診し状態をピンポイントで探ります。

内臓疲労や脳疲労が回復を妨げる場合もあるので、それらの調整を目的に全身調整していきます。そして、片頭痛の多くの原因となっている頭蓋骨と頚椎にピンポイントで施術。頭蓋骨と頚椎を調整することで頭部の血行改善、ストレス《神経緊張》軽減により、症状緩和へとつながります。多くの場合、頭蓋骨の調整をすると『目の奥の痛い部分に手が届く感じで楽になる』とおっしゃります。実際に、効果を体験していただいた方にお聞きすると、頭蓋骨の調整は、症状緩和にとても著効のようです。

太子堂からのワンポイントアドバイス

お医者さんでは頭痛薬を頭痛が出る前に飲むことで頭痛を感じなくする。といった治療をすることがありますが、それでは治ったとは言えません。症状を隠しているだけです。当院での頭痛改善率は市内でもトップクラスで、多くの頭痛で悩む患者さんが訪れています。頭痛でお悩みの方、本気で治したい方は一度ご相談ください。

完全予約制『予約したいです』とお電話ください! TEL 070−5300−4976 受付時間:9:30 〜 19:30(最終19:00〜)
 定休日:日曜・祝日・セミナー参加日

PAGETOP