◉ 寝返りで痛い腰専門の治し方

痛みには必ず意味があります。

その意味を知らずに放置したり、的外れな対処をすると、ヘルニアへ移行することもあるので注意が必要です。

  • 筋肉のマッサージでもなく
  • ストレッチでもなく
  • 筋肉を鍛えることでもない

一番大事なことは、椎間関節(腰骨)の微妙なズレを改善すること!!

では、どのような対処をするのが一番なのか?

寝返りで腰が痛い腰痛とは

椎間関節(腰骨)が外れてしまうので「動くなよ〜」と教えてくれているのが腰痛なのです。

もし、関節の微妙なズレを改善せずに、お尻や腰の筋肉マッサージをしたりストレッチしてしまうと、筋肉がやわらかくなります。

ふにゃふにゃの筋肉では微妙にズレた椎間関節(腰骨)を支えることができません。

筋肉のみをやわらかくすると、微妙にズレた椎間関節(腰骨)を支えることができず、痛みが強くなってしまうのです。

例えば、力こぶを出した状態で、硬さを確認してみてください。
そして、力を抜いて、二の腕をマッサージして、もう一度力を入れてみてください。(5回くらいやると顕著にわかりますが、自己責任でお願いします。)力が入りにくく、腕を支えれないですよね?同じことが腰で起こってしまうのです。

さらに、痛みの我慢を続けると、軟骨が擦れあって痛みが増します。ヘルニアに移行してしまうこともあるので、早期に対処したいものです。

筋肉のマッサージでもストレッチでもなく、椎間関節の微妙なズレを改善することが一番大事です。

では、今のあなたの腰痛レベルは?

軽度
→腰の重だるさ、筋肉の張りを感じる。朝痛むが、動いていると徐々に楽なる。適度な休息をとると改善するもの多い。無理して動き続けていると椎間関節に負担がかかり、関節炎を引き起こしてしまう。

中度
寝返り痛で来院される方に、最も多い状態です。そして、靭帯や関節に原因があるため治りにくい腰痛とされてます。腰の下のほうの片側に痛みがあり、腰を曲げると激しい痛みがでることが多い。姿は「反り腰」「出っ尻」で足を伸ばして寝ると筋肉が柔らかくなり、寝返りを動作を支えることができないため激痛が走る。

重度
→寝返り痛による睡眠障害で、血行不良や筋肉の硬化が起こり、痛みでじっとしていられない。背骨の階段状変形(背骨を触るとボコっと凹んでいる)が見られる。さらに、長期にわたり放置しておくと、関節の変形などが生じヘルニアに移行します。これらが進行してくると、手術でないと良くならないケースもあるのです。

整形外科での診断・治療

腰が痛くなり整形外科へ行き、レントゲンやMRIなどの画像診断を受けた場合、原因不明だったり、これは「反り腰が原因ですから、筋肉をつけてください」と診断されることがとても多くいらっしゃいます。

反り腰とは?……背中が大きく反っていて腰が前に突き出た格好になっている姿勢。
            腰に負担のかかりやすい、好ましくない姿勢の一つ。

この時点で、絶望感に苛まれる方は多いです。

整形外科での治療

  • 痛み止めの注射や薬
  • コルセット
  • 温熱電気治療
  • 筋力増強訓練
  • 手術

当院での治療:苦痛解放のためにあなたがすべきことは?

寝返りでの腰の痛みは、整形外科などでは「原因不明」「治らない」「筋肉をつけるしかない」と言われショックを受ける方が多数いらっしゃいます。

しかし、

椎間関節の微妙なズレの改善、体全体のバランス改善などを行うことで痛みの改善が望めます。

そして、あきらめていた快眠も可能になります。

ぐっすり眠ることで疲れもとれ、さらに治る力がアップし、完治へと向かいます。

寝返りの腰痛でお悩みの方は、ぜひ当院の治療を受けてみてください。

・椎間関節のズレを元の位置に戻す施術を受ける

まずは、寝返りの痛みを起こす原因である椎間関節のズレを、元の位置に戻す必要があります。ズレを元の位置に戻すだけでも、痛みは驚くほどに軽減されます。(全体の3割くらいの痛みは、筋肉や靭帯の原因であるため、ズレを戻すだけでは完全には消えない。)

・腰痛の長引く要因を取り除く施術を受ける

内臓機能の低下、メンタル、歯科の治療やアゴの問題、婦人科系の異常など。これは椎間関節のズレを元に戻しても、再発しやすい要因です。予防を兼ねて施術しておくことで、椎間関節の消炎・鎮痛・血行改善により早期の症状緩和が望めます。
腰の周りの筋肉(腰方形筋・広背筋・腸腰筋など)を緩めるのみでも痛みの軽減は起こりますが、当院では完全に痛みの消失を目指すために行っています。

当院の整体治療を受けることにより、

寝返りの痛みはなくなり、関節の変形を防ぎ、痛みが落ち着いてきます。

上記に述べたように、適切な手順を踏めば、運動を続けることも可能ですし、仕事に復帰することも可能です。

腰痛の原因を『正しく把握』して、適切な処置を行なうことで早期に腰痛の改善が望めます。事例はたくさんありますので、一度ご相談くださいね。

お気軽にご相談下さい!もう悩まなくて大丈夫ですよ!
【電話番号】070-5300-4976 【メール】メールで相談する
受付時間:9時〜19時(最終19時〜)