◉ 健康な未来を整える「冒険ゲーム」の説明書 BY太子堂

自分を取り扱うためには、まず全体を知る必要があります。

その中から、

健康な未来を作り上げるためのマイアイテムを選ぶ

のです。

そして、全体の穴を埋めるように

  • 持って生まれた能力を強化し・・・
  • 環境に合わせて変化させ・・・
  • 見えない疲れや不具合を回復させ・・・
  • 時には、能力の覚醒を・・・

それぞれ組み合わせていくのです。

まるで、健康な未来という世界を目指す冒険ゲームです。

efb0b2833da558032c1f26937137f8be_s

「氏より育ち」という言葉がありますが

「氏より育ち」は、教訓として

人間を形成するときに大事なのは、血筋よりも教育や境遇である

という例えです。

言い換えると、

教育や境遇によって、その人の形成される価値観は変わる

とも言えます。

では、どのような価値観があるのでしょうか?

  • 自然的基準
  • 肉体的基準
  • 精神的基準
  • 霊魂的基準

など、4つに大別してみました。

成長期におこる価値観の断捨離

脳科学的には、5〜7歳までに脳の基礎が作られます。

5〜7歳までに育った環境や刺激で脳の型は決まる。

そして、12歳くらいで成人レベルに達し25歳くらいまで成長していくのです。

脳を理解するルールとして、

  • 使わない・要らないものは消滅
  • 使うもの・要るものは残る

というのが重要なキーワードになります。

だから、人と違って当然です。

失った価値観は、先住人の知恵で補うことも可能になります。

存在自体が知られていない特性

一般人の間では、特性の存在自体が知られていないことも多く、何気なしに使っている人は多い。

訓練や体験によって強い力を引き出す覚醒能力もある。

また、プロとして特性を生かしている人を、霊能力者や超能力者と呼んでいる。

特性を整理することは体の負担を減らすことにつながります。

体のピーク

体のあらゆる機能は20代をピークに衰える。

25歳から35歳くらいまで、貯金を使い果たすように機能は低下していく。

多くの人は35歳前後を境に底をつく。

この絶対不変のルールに縛られて生きているのです。

特性のデメリット

特性を消すことはできない。ただし、コントロールすることで強化したり覚醒できる。

周りの影響を受けやすい。自分の体調が低下するほど、幻覚や妄想、会話や行動に障害が起こりやすい。

似たような症状に憑依現象がある。詳細不明ながら過去の整体師は特性保有者の幻覚や妄想から自我を取り戻す方法を知っていたようである。

特性の種類

視覚系‥‥代表的なものには、霊視能力がある。

聴嗅覚系‥‥代表的なものには、周波数や空気を読む能力がある。

自然系‥‥古くは「蟲の知らせ」と呼び、心に感ずる能力などがある。

体術系‥‥モノを操ったり、先を詠む能力などがある。

特性保持者が異なれば、微妙な違いが出る可能性もある。不幸の兆しを察知することで、未然に防ぐことができる。

アイテム

強化系‥‥強い力を引き出したり、覚醒すること

変化系‥‥環境を変えたり、自分の居場所を変えること

操作系‥‥情報を変えたり、モノを操ったりすること

回復系‥‥自然に触れたり、整体などで身体を変えること

伝説上の生物

幽霊・妖怪・蟲・神・鬼・魑魅魍魎などがある。多くの不調はこれらの伝説上の生物によって引き起こされているとかいないとか。

まとめ

全体を知ることで健康な未来を作り上げるための抜け道が見えてきます。

そして、抜け道を進めるように

持って生まれた能力を強化し・・・
環境に合わせて変化させ・・・
見えない疲れや不具合を回復させ・・・
時には、能力の覚醒を・・・

まるで、自分の未来は自分で作るかのような

健康な未来を整える冒険ゲームなのです。

それを実践しているのがヨガトレです。>>詳しくはこちらから