草むしりで痛めた腰痛の原因は筋膜の緊張‼︎

腰痛の中で、最も比率が高いのが、「筋膜性腰痛」です。どの年齢にも起こりうる腰痛です。

整形外科などに行って、「骨には異常ないです。」と、言われることが多い症状です。そして……痛みを発している箇所に、治療を施しても、根本的な改善には、繋がりにくいのです。

 どういう人に多いの?

日頃から、腰を酷使……(例えば、繰り返しの重量物の持ち運び・同じ動作の繰り返し・過度のトレーニング・長時間の座位など。)が、よくあるパターンです。

 どんな状態?

筋肉は、ゴムを束にしたようなものです。上記のような腰の酷使(使いすぎ)をすることで……だんだんと、ゴムが朽《く》ちてきます。そこに、急激な力が加わることにより……部分的(軽度)から、全体的(重度)に、ゴムが切れてしまった状態です。

 筋膜性腰痛の症状は?

  • 障害された筋肉の痛み
  • 動かすと「グキッ」とする…ぎっくり腰
  • 運動制限
  • 局所の筋緊張・圧痛
  • 腰全体の重だるさ
  • 鈍痛

 整形外科での治療は?

  • 消炎鎮痛剤(ロキソニン・ボルタレン)の投与
  • 湿布
  • 注射
  • 温熱療法
  • 電気療法
  • 筋肉増強訓練

 当院での治療は?

まずは、問診・触診により……どのような姿勢・動きの痛みがあるのか?殿筋が損傷しているのか?を、細かく検査していきます。痛みの原因となっている……周辺の筋肉も、損傷部をカバーするため、筋緊張が起き2次的な痛みを併発している場合もあるので、それらの筋肉の消炎鎮痛、緊張緩和もおこないます。

実は、ピンポイントで痛みの原因を探し、2次的な痛みも解消することは、とても難しい技術です。私は、山本先生から日本伝統医術を習うことにより……このピンポイントで痛みの原因を把握する技術を身につけました。ですから、腰痛改善に大きな効果を現すことができるのです。

整体途中で、どの程度……筋肉の痛みが取れたか、筋緊張が緩んだかの確認も含め、身体全体のバランスをとっていきます。

038-8Y0A3291

 

 

 

 

 

 

※当院は完全予約制になりますので、必ずいらっしゃる前に一度お電話ください。

ご予約はこちらのお電話まで⇒070−5300−4976

メールでのご質問・ご予約は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら