当院の施術はいかに痛みやその原因を取り除くかを常に考えて、知識と経験が豊富な施術家がその場で検査し、詳しく原因を説明し改善していきます。

妊娠・産後の骨盤矯正

  • HOME »
  • 妊娠・産後の骨盤矯正

妊婦さんの施術は妊娠3ヶ月から臨月まで受けることが可能です。他の整体院からの転院も受け入れております。
妊娠・産後は骨盤の開きや生理面の大きな変化により、妊娠前には腰痛が気にならなかった女性でも妊娠してから腰痛に悩むようになる人も多いです。坐骨神経痛・股関節痛・恥骨痛も発生しやすいので、母体にもお腹の赤ちゃんにも負担がかからないように早めに治療を受けましょう。

妊娠・産後の骨盤矯正の基礎知識

妊娠中は、骨盤内で赤ちゃんを育てるのでお腹が大きくなり、反り腰で負担がかかり腰痛や股関節の変形を起こしやすくなります。また、妊娠・産後に対する心理的な不安や緊張も重なり自律神経バランスが変化してしまうのが主な原因です。

また、出産のために骨盤などの靭帯を緩ませる作用のあるリラキシニン(ホルモン)が骨盤の関節をゆるませ、腰痛が起こりやすくなっていると言われています。場合によっては定期的に整体を受ける必要もあります。

病院での妊娠・産後の骨盤矯正

痛みがひどい場合、安静と骨盤ベルトです。安静にして数ヶ月様子をみることで自然治癒で損傷部位の回復を待つ治療法となります。軽い痛みの場合は、産婦人科などで骨盤体操を行うケースもあります。

いずれも根本改善にならないので、妊娠・産後の痛みでお悩みの方は是非一度ご相談ください。

当院での妊娠・産後の骨盤矯正

まず身体のバランスや骨格の歪み、姿勢を整えて骨盤ヘの負担をを減らします。多くの人が骨盤の歪み、股関節、足首、背骨のズレが確認できます。症状がひどくなったり、骨盤の不安定化に繋がるため全身を調整していきます。血流を戻すカラダの調整で代謝交換が起こり正常に戻ります。

結論を言いますと妊娠中であっても腰痛は改善できます
ベルトをしている人としてない人とでは骨盤の安定性が違うので、腰痛になりやすい腰であると言えます。日頃のケアと予防を同時に行うことで、安定性の高い骨盤になるように仕上げていきます。

当院から妊娠中・産後の骨盤矯正アドバイス

ベルト(さらし)を巻いて腰の負担を軽減。ベルト(さらし)を巻くことで以下のような効果が期待できます。

  • 骨盤の歪み防止
  • 骨盤のズレ防止
  • 出産時の骨盤の開きの安定
  • 赤ちゃんの育ち過ぎ防止
  • 早産の防止
  • 妊娠線の発生を防止

ベルトにはたくさんの効果があるんですよね。
産婦人科では、産後のケアにベルトの購入を勧めているようです。産後からではなく、妊娠中にも利用することで腰の負担を軽減することができるんです。その活用方法を実践でお伝えしますので、来院時にご持参くださいね。

妊娠前から出産に対する心理的な不安や、緊張も重なりストレスも増えて、痛みが悪化。悪化することで育児のストレスも増え・・・と悪循環な状態です。カラダが元気になることで、より育児もはかどり、結果的に赤ちゃんのためにもなります。自分だけでなんとかしようとせずに是非一度ご相談ください。

完全予約制『予約したいです』とお電話ください! TEL 070−5300−4976 受付時間:9:30 〜 19:30(最終19:00〜)
 定休日:日曜・祝日・セミナー参加日

PAGETOP