当院の施術はいかに痛みやその原因を取り除くかを常に考えて、知識と経験が豊富な施術家がその場で検査し、詳しく原因を説明し改善していきます。

妊娠・産後の骨盤矯正

  • HOME »
  • 妊娠・産後の骨盤矯正

妊娠・産後は骨盤の開きや生理面の大きな変化によりいろいろな症状が出ることがあります。妊娠前には腰痛が気にならなかった女性でも妊娠してから腰痛に悩むようになる人も多いです。坐骨神経痛、股関節や恥骨痛も発生しやすい症状です。骨盤の開きは慢性化しやすいので母体にもお腹の赤ちゃんにも負担がかからないように早めに治療を受けましょう。

妊婦・産後の骨盤矯正の基礎知識

妊娠中は、骨盤内で赤ちゃんを育てるのでお腹が大きくなり、反り腰で負担がかかり腰痛や股関節の変形を起こしやすくなります。また、妊娠・産後に対する心理的な不安や緊張も重なり自律神経バランスが変化してしまうのが主な原因です。

また、出産のために骨盤などの靭帯を緩ませる作用のあるリラキシニン(ホルモン)が骨盤の関節をゆるませ、腰痛が起こりやすくなっていると言われています。場合によっては定期的に整体を受ける必要もあります。

病院での妊娠・産後の骨盤矯正

痛みがひどい場合、安静と骨盤ベルトです。安静にして数ヶ月様子をみることで自然治癒で損傷部位の回復を待つ治療法となります。軽い痛みの場合は、産婦人科などで骨盤体操を行うケースもあります。

いずれも根本改善にならないので、妊娠・産後の痛みでお悩みの方は是非一度ご相談ください。

 

さらしを巻いて腰の負担を軽減

妊娠中は、さらしを使った腹帯を巻くことをお勧めします。

骨盤は、3つの骨(仙骨、寛骨)で囲まれた、受け皿(ボール)状の器となっていて、靭帯で補強されています。ですが、妊娠中はホルモンなどの影響で靭帯がゆるみ、3つの骨がばらばらになりやすいのです。

赤ちゃんが大きく育てば育つほど、骨盤にかかる中からの圧で、ばらばらになりやすい状態が、さらに、ばらばらになりやすくなります。これを防止するのが「タガ」の役目をする腹帯なのです。

巻き方は、毎日交互の方向から巻きます。(今日が右巻きなら、明日は左巻き…)同じ方向に巻き続けると、骨盤の捻れ歪みを作ってしまいます。寝る時は必ず外して寝てくださいね。

伸縮性のある腹帯(ゴム入りの腹帯)では、伸びてしまい役目を果たしません。締め付けるのもよくありませんが、ばらばらにならないように正しい位置に保つことが目的です。

腹帯の効果

腹帯の効果はたくさんあります。

  1. 骨盤の歪み防止
  2. 骨盤のズレ防止
  3. 出産時の骨盤の開きの安定
  4. 赤ちゃんの育ち過ぎ防止
  5. 早産の防止
  6. 妊娠線の発生を防止

妊婦さん妊娠中の整体施術

太子堂では、妊娠中の施術は大歓迎です安心して出産にのぞめるように一緒に頑張りましょう!

うつ伏せの姿勢はせず、仰向け、横向き、座って、立ったままなど……とにかく最も楽な体勢で施術を行ないます。仰向け・横向きになれれば、普段と同じ内容の施術が受けられます。

妊婦さんの身体にとっても、お腹の赤ちゃんにとっても、負担がなく、とても楽な状態へと導かれる施術です。

妊娠前、妊娠中、出産後と、岩国ナチュラル整体太子堂をご利用していただいている女性もいらっしゃいます。人本来の自然な状態であれば、腰痛もなく妊娠期間を過ごすことができます。もちろん、出産も比較的スムーズにでき、産後の体調回復も早いです。

妊娠中の腰痛でお悩みの方は、赤ちゃんのため、自分のため、家族のためにも、元気で過ごせるように整体を受けてみてください。もし、不安な点などございましたらお気軽にご相談ください。

完全予約制『予約したいです』とお電話ください! TEL 070−5300−4976 受付時間:9:30 〜 19:30(最終19:00〜)
 定休日:日曜・祝日・セミナー参加日

PAGETOP