◉ 背中の寝違い:空気中のホコリや微生物が引きおこす痛み

前の日にいつもと変わったことありましたか?

そういえば、

「天気がよかったので布団を干したせいかも。。。」

「朝起きたら背中を寝違えたみたいで、痛くて首がまわらないんです。」

と、つらい症状で来られました。

 

あー、背骨をさわると

気管支というか呼吸器系に負担がかかって背中を傷めている

ことがわかったのです。

たぶん、空気中のチリや微生物を吸ったのでしょう。

だから、

緊張している気管支を緩めて、背中にできていた筋肉のこりに、動きをつける

調整をしました。

 

5e12c70223332774d3ed4e16ccbcaae6_s

この場合、何に気をつければいいの?

僕の持論ですが、

筋肉に負担がかからないように布団の持ち方を変えましょう!というのはナンセンスだ

と考えます。

もっと、ワールドワイドに考えてみましょう!

空気中のホコリや微生物が気になる

布団を干して、叩く

ホコリや微生物が空気中に充満したまま

寝ている間に吸ってしまう

のだから、

①空気の換気時間をもう少し長くすること
②微生物のコントロール方法を伝授

という、なんでもないような工夫をお伝えしました。

 

では、どうして布団の持ち方を教えないのか?

気管支というか呼吸器系に負担がかかって背中を傷めていたのだから、布団の持ち方を変えても解決策にならないでしょ。

それに、

筋肉の使い方をマスターするのには時間もかかる

からです。

人生はとても短いからこそ、的外れな努力はもったいないですよ〜

効率よく生きましょう!

太子堂の予約はラインが便利です↓

友だち追加

上記で太子堂が出ないときには下記のI.D.で入力ください
@dsj5004o

ラインをされていない方はCメールが便利です。
070ー5300ー4976

【メニュー記事一覧】
メニュー 整体の流れお客様の声 / アクセス / Q&Aプロフィール