効果は初回から実感。目がぱっちり開く・景色が明るく感じる・痛みがなくなったなど、詳しく原因を分析し改善していきます。できるだけ痛くない施術に徹しており安心のわずか1g以下で施術が可能なので、小さいお子さんや骨の弱い方でも受けることが出来ます。

足首捻挫の治し方

  • HOME »
  • 足首捻挫の治し方

足首捻挫の基礎知識について

足首から先は26個の骨から構成されます。足首の捻挫は靭帯が伸ばされ起こる症状で、出血性でないものはある程度その場で改善出来ます。内出血している場合は、その血液が組織を圧迫し治りを遅くするので回数かかります。

三角靭帯、舟状骨、立方骨に起き易く、出血を伴うものに関しては短いテーピングによる短時間の圧迫、止血が必要である。捻挫はその都度症状が異なるが、基本靭帯が伸びるか縮むかどちらかである。後遺症として距骨の歪みが代表的であり、重心の捻じれから長年の頭痛や腰痛を引き起こすものもある。

ふくらはぎからの筋膜の捻れにより、症状を起こすこともよくあります。また、捻挫が起きるということは日頃から靭帯の柔軟性が無かったり、骨盤が捻れて手足の長さがずれていたり、重心がずれていて起き易い状況になっています。ですから足だけを診るという治療では不充分なので、その様なことが起こらない様にする為、根本治療が必要です。

ギプスで固定したり、湿布を貼ったり、それでは…
絶対に、捻挫の根本治療にはなりません!

では、どのような整体をすれば捻挫の根本改善になるのか?

捻挫で痛める部分は、足首の「内・外・前」の3つになります。一番多いのは、足首の外側を痛めることがとても多いです。その、よくある足首捻挫(外側の痛み)についてのイメージ画像を用意しましたのでご覧ください。

足首の痛みは、靭帯が伸ばされている状態です。

左図が正常。右図が足首捻挫(外側の痛み)。

足首を捻ることで、赤矢印の方向に力が加わります。その力で足首の骨が捻れて靭帯が伸びてしまうのが捻挫です。出血性でないものはある程度その場で改善出来ます。内出血している場合は、その血液が組織を圧迫し足首を固めてしまうので治りの回数かかります。

足首のひねった痛みは、整形外科などでは「そのままギプス固定」「湿布と安静」を指示され、なかなか治らないと悩んでいる方が多数いらっしゃいます。そのまま時間が経つと腫れや炎症は引いてきますが、靭帯だけの問題ではないので痛みが完全に引かないのが特徴です。中には、痛みは消えたが、足首の痛みをカバーする動き方を数ヶ月もしたことにより、腰痛や首・肩こりが悪化して来院される方も少なくありません。

捻挫が起きるということは日頃から靭帯の柔軟性が無かったり、骨盤が捻れて手足の長さがずれていたり、重心がずれていて起き易い状況になっています。ですから足だけを診るという治療では不充分なのです。

足首捻挫の応急処置

足首捻挫で大事なのは、捻挫してすぐの行動です。いかに、腫れ・内出血を抑えるかで今後の見通しが変わります。この行動が捻挫の回復スピードを決めると言っても過言ではありません。

捻挫とは・・・関節の許容範囲を超えた動きが与えられた為におきる損傷の一つである。
         多くは患部に痛みと腫脹、熱感を伴う。

1番は、アイシングでもなく、固定でもなく、足を高く上げるでもない。

一番大事な応急処置は患部を圧迫すること。

手で押さえ、テーピングで押さえ、サポーターで押さえる。そして、その上から「冷やす」のが効果的です。その後、近くの治療機関を受診し、施術を受けましょう。

では、どのような治療計画を立てるのか?

足首捻挫をした筋肉や組織に、一般的なマッサージや指圧をすると、筋肉を押す力で痛んだ筋肉や組織の傷口を広げてしまうことがあります。

当院の調整法は、しっかりとポイントをとらえつつも、筋肉や組織の傷口を広げない特別なマッサージ法で行っています。※足首捻挫などで痛みがある方は、しっかりとした知識、技術のない治療家にマッサージや鍼治療をしてもらうと、かえって症状が悪化する場合がありますのでお気をつけください。

当院では、とことん問診をし、さらにより正確に根本原因をつきとめるために、特有に見られる圧痛や筋肉の硬さを細かく触診し、原因となっている部分をピンポイントで探し当て整体をしていきます。

出血を伴わないものであれば、掌屈、背屈、内転、外転の動きを制限かける様なカウンターストレインで改善が可能である。捻挫の場合、後遺症として距骨の歪みが代表的であり、重心の捻じれから長年の頭痛や腰痛を引き起こすものもあるので、足関節のズレの改善・関節可動域の改善などを行っていけば、痛みのためあきらめていたスポーツへの復帰、後遺症の予防も可能です。

足首の痛みでお悩みの方は、ぜひ当院の治療を受けてみてください。

太子堂の頭痛整体が選ばれる理由

  1. 完全予約制で時間が読める
  2. 国家資格を有する「健康のプロ」が施術します
  3. 口コミが多いので遠方からもたくさん来られる
  4. ソフトで再発の少ない安心施術
  5. 「治す力」を引き出してくれる

【注意事項】その場かぎりのマッサージは行っていません

太子堂:施術の流れ

①ご予約・来店

お電話での予約もしくは、インターネットは24時間予約できます。
☎︎070-5300-4976
受付時間:9時〜19時(最終19時〜)
定休日:日曜・祝日

メール予約がこちらのページから

②問診票記入

当サロンではご予約いただいた時間に施術が受けられるように努力しております。
時間にはゆとりをもってお越し下さい。少し早めにお越し頂き、リラックスされることでより施術の効果も出やすくなります。

③問診

確実に効果を出せるよう、交通事故にあったことはないか、過去にケガなどをしたことがないか、仕事や普段の生活習慣からも原因を分析いたします。また、今後どうしていくかを一緒に考えさせて頂きます。

④体のチェック

どうやったら痛いのか?どこにいる時が痛みが強いのか?どれくらいの強さなのか?など細かく状態をチェックするので、その時その時の変化をご自分でもすぐに実感して頂けます。

⑤施術

足首と関係があるふくらはぎから骨盤の歪みを整え、捻挫の原因である足関節のズレを整えます。体の内側と外側から整えることで自然治癒力を引き出していきます。

⑥施術効果の確認

どれだけ変化したか身体を動かしてチェックして頂きます。
※当整体院では、毎回施術のチェックをするので、どれだけ自分が変化してきているかが毎回明確に分かります。

⑦動かしながらの微調整

残りの時間で不具合を徹底ケアします。
カラダのどこが違和感を出しているのか きっちり探し出して、最短で改善できるように調整していきます。

あきらめていた痛みとサヨナラしましょう。

⑧お会計・お見送り

おかげさまで、最近は予約が埋まることが多くなって、ご予約をお断りすることが多くなりました。
続けて通院をご希望される方は、最善の間隔で良くなっていただくために、ぜひ施術後に次回の予約を入れていかれることをオススメします。

通院間隔などは、お気軽にご相談ください。

料金

はじめての方  7,000円
2回目以降   5,000円

※所要時間 約20〜40分(初回は60分目安)
※捻挫以外の症状も一律料金で全身を整えます。

完全予約制『予約したいです』とお電話ください! TEL 070−5300−4976 受付時間:9:00 〜 19:30(最終19:00〜)
 定休日:日曜・祝日・セミナー参加日

PAGETOP