好発年齢

 
どの年齢にも起こりやすい。
男性よりも女性に多く、30代の女性に多くみられる。

基礎知識

 
片頭痛は、過労やストレスによって起こりやすいと言われています。とくに、責任の重い仕事や大きな悩みなど、それまでの緊張から解き放たれ、頭痛発作が起こるケースが多いのです。また、天気の変化、空腹、寝不足、寝過ぎ、まぶしい場所、騒音でも、片頭痛が起こることもあります。

片頭痛が起こる数時間前から、人によっては1日か2日前に、何となく気分が落ち込む、集中しづらい、無性に食べたくなるなどの漠然とした症状として、予兆があらわれます。急に、首こりや肩こりが重くなり、頭痛が起きやすい。月経開始の2日前から月経3日目までに片頭痛発作を起こす人が多いことが知られています。

症状

 
・閃輝暗点(せんきあんてん)→中心部がぼやけて見えにくくなる
・ガンガン脈打つような痛み
・頭を傾けると痛い
・寝込むくらい痛い
・動くと痛い
・吐き気や嘔吐
・光がまぶしい
・目の前がチカチカ
・音がうるさく感じる
・においが嫌
・月経周期と関連

病院での診断

 
・MRIなどの画像診断
・血液検査
・心理検査

病院での治療

 
・薬物療法(ロキソニンなど)
・外科的手術
・酸素吸入療法
・神経ブロック療法

当院での治療

 
まずは、触診により、どの筋が硬くなっているか細かく探していきます。
特に、過労が起きやすい僧帽筋、首と頭の境目などを細かく触診し、状態をピンポイントで探ります。

過労している筋を中心に、他の筋も姿勢を保とうとして、筋緊張が起き、疲労回復を妨げる場合もあるので、それらの筋の緊張緩和、血行促進を目的に全身調整していきます。

また、片頭痛の多くの原因となっている頭蓋骨と頚椎にピンポイントで整体を施していきます。頭蓋骨と頚椎に整体を施すことにより、頭部の血行改善、ストレス《神経緊張》軽減により、症状緩和へとつながります。

このピンポイントで原因を見つけ整体することで、片頭痛改善に大きな効果を現します。実は、このピンポイントで損傷部をとらえることはとても難しい技術です。
私は、師匠から首の調整法を習うことにより、このピンポイントで原因を把握する技術を身につけました。ですから、整体も確実に原因をとらえることができ、満足のいく整体効果をあげることができます。

整体後、どの程度筋肉がほぐれたか、ほぐれていない筋肉はないかも含め片頭痛の確認をし、細かいマッサージをしていきます。